今泉 響平

いまいずみ きょうへい

 福岡県出身。音楽一家に生まれる。父はジャズピアニストの今泉正明。

 10歳よりスズキ・メソードでピアノを始める。15才で全過程を終了。福岡講倫館高校卒業後、単身渡露。チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院及び大学院課程を修了。また、大学院課程には最高得点で入学。

 国内外で数々の賞を受賞し、ラザール・ベルマン国際ピアノコンクール(イタリア)1位、ピアノアジア賞。

 その他ピティナ・ピアノコンペティション特級セミファイナリスト。スロボジャンスカ・ファンタジー国際ピアノコンクール(ウクライナ)3位。マリア・ユーディナ国際ピアノコンクール(ロシア)2位。マスターへの道国際ピアノコンクール(ロシア)2位、ヴィルトゥオーゾ賞。クラシックアカデミー国際コンクール(ロシア)グランプリ受賞。ロマンティシズム国際コンクール(ロシア)第1位、ヴィルトゥオーゾ賞。

 これまでにスズキ・メソード管弦楽団、カントゥス・フィルムス管弦楽団、ルガーンスクフィルハーモニックアカデミー交響楽団、グネーシン音楽大学室内管弦楽団、マイモニード総合大学交響楽団、シアターオーケストラトーキョーと、指揮者は井崎正浩、A.フルギン、A.シュロフ、A.レイン、A.ステブレフ、井田勝大とピアノ協奏曲を共演。

 モスクワ音楽院在学中よりロシアで活発に演奏活動を開始し、モスクワ音楽院にて東日本大震災追悼コンサートに出演、在ハバロフスク日本国総領事館主催でソロリサイタル、在ユジノサハリンスク総領事館主催でデュオコンサート、在ロシア日本国大使公邸にて天皇誕生日祝賀レセプションで演奏、タンボフで「ロシアにおける日本年」及び「ラフマニノフ生誕145周年」記念演奏会でコンサートとマスタークラスを行いまた、イワノフカのラフマニノフ博物館にて演奏、第26,27回ニューネーム音楽祭に出演。第27回にて学生ながら審査員に抜擢されコンクールの審査員を務める。アメリカニューヨーク州立大学にて行われたNew Paltzマスタークラスに選抜され参加。著名なピアニスト達から指導を受ける。

 これまでに中島京子、田中やすゑ、田中正也、V.オフチニコフの各氏に師事。また、重松正大、I.オフチニコフ、F.カウィン、R.ハミルトン、P.オーストロフスキー、A.コルサンティア、V.フェリツマン、ハエ=スン・パイク、M.ヴォスクレセンスキー、I.ラシュコフスキー、岩崎淑の各氏のレッスンを受講。室内楽をこれまでにM.オレーネフ、V.ヴァレーエフ、A.ルディンの各氏に師事。伴奏法をこれまでにS.バンダレンコ氏に師事。

 2016年にデビューアルバム「トロイメライ ~ピアノ名作集~」、2019年に「ヴラディミール・ホロヴィッツ編曲集」をリリースしている。また、2020年にミューズ・プレス社より楽譜「グリーンスリーブス」を出版。

 20202月にオーチャードホールにて「アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト2020」に演目「バレエ・インペリアル」(チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第2)にて演奏、好評を博す。

 2019年度に「ピアノ協奏曲シリーズ」を全4回で開催。チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番、ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2,3番をピアノソロで演奏、好評を博す。

 現在ピアニストとしてソロ・アンサンブルのみならず、演歌歌手と共演するなど、ジャンルを超えて活動し、後進の指導、コンクールの審査員も行っている。全日本ピアノ指導者協会正会員。

Born in Fukuoka, Japan, Kyohei Imaizumi started his piano education under Suzuki Method at the age of 10, and completed the entire course at 15. He finished both his undergraduate and graduate studies at the Moscow Tchaikovsky Conservatory in which he received the highest score at the graduate entrance exam, in Russia.

His past awards include 1st place at the Lazar Berman International Piano Competition along with the Piano Asia Award, Special Semi-Finalist at the PTNA Piano Competition, among many others nationally and internationally.

He has been an active concert pianist since his education in Moscow. His past activities include Japan Quake commemoration concert at the Moscow Conservatory, solo recital hosted by the Japanese Consulate General in Khabarovski, duo recital hosted by Japanese Consulate General in Yuzhno-Sakhalinsk, performance at the Japanese Emperor’s birth anniversary celebration at the resident of Ambassador of Japan, performance at the cerebration of “Japan Year in Russia” and “145th Anniversary of Rachmaninoff”, performance at the Rachmaninoff Museum of Ivanovka, and 26th and 27th New Name Music Festival performance in which he also acted as a Judge on the second year for their competition.

His past teachers are Kyoko Nakajima, Yasue Tanaka, Masashi Tanaka, and Vladimir Ovchinnikov. He has also participated in the masterclasses by Mikhail Voskresensky, Ilya Rashkovsky, Shuku Iwasaki. Beside from his usual solo and ensemble performance activities, he also performs across different genre such as collaborating with folk singers. He is also a dedicated teacher as well as judge of different competitions.

Кёхеи Имаидзуми родился в 1992г в Японии.
Окончил школу «Сузуки Месод» по классу К.Наказима, Я.Танака и М.Танака, а с 2010г – Московскую Косерваторию, где учиться в классе профессора В.П.Овчинникова (ученика А.А.Наседкина). В 2016ом году закончил Московскую Консерваторию и затем поступил Ассистентуру-Стажеровку. В 2018ом году закончил Ассистентуру-Стажеровку.

Награды
2011. Международный конкурс молодых пианистов «Слобожанская фантазия» (Украина), 3 премия.
2013. Международный конкурс им. М.Юдиной (Россия), 2 премия.
2015. Международный конкурс «Путь к мастерству»(Россия), 2 премия, приз за виртуозность.
2016. Международный конкурс «Классическая академия»(Россия), Гранпри.
2016. Международный конкурс им. Л.Бермана (Италия), 1 премия.
2016. Международный конкурс «Романтизм : истоки и горизонты»(Россия), 1 премия, приз за виртуозность.